夏のおすすめ 薬膳デザート〜皮膚の乾燥におすすめ〜

あの楊貴妃も美容に食していたと伝わる、白きくらげを使った薬膳デザートで
お肌も心も夏の乾燥から守りましょう!
火を使わずに簡単に作れます。

【薬膳食材】

  白きくらげ  抗ガン作用があるとされるエルゴステロールや、

免疫を強くするβ―クルカン、骨を作るビタミンDなど含み、

皮膚の乾燥、便秘、肺を潤し乾いたせきにも使われます。
  ナツメ 鉄分、葉酸、繊維質、カリウム、パントテン酸を含み、

貧血、イライラ、妊婦さん、授乳中の方に。
  クコの実 肝機能を強くするベタイン、目の疲れに良いゼアキサンチン

を含み、老化予防、疲労回復に。

【作り方】

  1. 白きくらげを水で約30分戻します。何度かもみ洗いをして軽く汚れを取り、適当な大きさに切っておきます。
  2. ナツメ、クコの実、干しブドウをぬるま湯につけておきます
  3. 季節の果物(キーウイ、桃、ナシなど)を適当な大きさに切って全ての材料を混ぜたら、出来上がり。(2の汁も使います。)お好みでハチミツで甘味を調整して下さい。