日焼け予防、シミ予防に!すっぴん美人



7月に入り、蒸し暑い日が続いています。

皆様、体調を崩されてはいませんでしょうか?

 

紫外線が強くなり、日焼け対策のご相談に来られるお客様が増えています。

日焼け止めクリームを使うとべたべたするし、出来れば使いたくないというお声も多く聞かれます。

 

紫外線の浴び過ぎは確かに皮膚の老化を早めたり、シミに残るのが怖かったりと気になりますよね。

 

ただ、最近の研究では日焼け止めクリームを使い過ぎると、体内のビタミンDが極端に不足することがわかっています。

ビタミンDは、紫外線により皮膚表面で作られて体内に吸収されます。

また、ビタミンDはカルシウムやリンなどのミネラルと共に骨や歯を造るのに必要な栄養素なので、不足すると歯がもろくなったり、骨粗鬆症のリスクが高くなります。

 

適度に紫外線にも当たり、自分の肌の力をつけて子供のように早く回復する、これが理想ですね。そこでおすすめな自然療法をご紹介します。

 

以前にもご紹介したことがありますが、体の中から水分補給をうながす白キクラゲの薬膳デザートと日焼け予防に役立つメディカルハーブティです。

 

毎日、ハーブティは水分補給に何度飲んでも大丈夫です。白きくらげのデザートは食欲がない時にもおすすめですよ!


<ローズヒップ>
ビタミンCが豊富でクエン酸と一緒に摂ると、吸収が促進されます。

ビタミンCは色素沈着の予防、コラーゲンの生成、抗ストレスに役立ちます。

 
<ハイビスカス>
植物の持つ自然の酸味でクエン酸効果が期待できます。

クエン酸は、疲労回復、アチドーシスの予防、ビタミンCの吸収を高めてくれます。

 
<ヒース>
メラニン色素を合成に関わる酵素を阻害して、日焼け予防に役立ちます。

また、継続的に飲むことで、シミ予防に役立ちます。

 
<スギナ>
メラニン色素を合成に関わる酵素を阻害して、日焼け予防に役立ちます。

また、継続的に飲むことで、シミ予防に役立ちます。

 
<桃の葉>
入浴にあせもや湿疹の予防として使われますが、内用では利尿などに役立ちます。

 

 

トリートメントメニュー&価格表

ご予約(完全予約制 定休日:水曜日

ご予約フォーム(24時間対応)からのご予約は恐れ入りますが、ご希望日の2日前までにお願いいたします。
こちらからの返信でご予約受け付け完了となります。
なお24時間経っても返信がない場合はサーバーの不具合なども考えられますので、お手数ですがもう一度送信してください。

トリートメント、来店ご予約、お問い合わせフォームへ